Osaka Architect Corporate Pension Fund

大阪府建築企業年金基金

メニュー

繰り下げ

脱退一時金を繰り下げて60歳到達後に年金(または一時金)を受給したいとき

  • 加入者期間が10年以上あり、退職時に60歳未満の方が、脱退一時金を受けとらずに、受給開始年齢(60歳)到達後に、年金(または一時金)での受給を希望する場合は、脱退一時金繰り下げの申し出を行っていただくことになります。
  • 繰り下げの申し出には「一時金選択届」(書類は基金から郵送)のご提出が必要です。
    「一時金選択届」に必要事項をご記入の上、基金加入者証を添えて当基金までご提出ください。

    ※50%を一時金にてお受けとりいただく場合は、提出書類、添付書類が異なります。
    詳しくは ➡「50%一時金 」をご確認ください。

  • 繰り下げ申し出を行った方の年金(または一時金)の請求手続につきましては、受給開始年齢が近づきましたら、基金から必要書類をご自宅あてにご案内する予定です。
    詳しい手続きについては「脱退一時金」か「老齢給付金(年金)」をご確認ください。

    ➡「繰り下げ期間中の一時金の変更

  • なお、ご退職から年金や一時金を受給するまでの間に、住所や氏名が変更となった場合は、必ず「受給待期者変更届」を当基金へご提出ください。
■受給待期者変更届
届出が必要なとき 届出書類 添付書類
住所を変更されたとき 受給待期者変更届
  1. なし
氏名を変更されたとき 受給待期者変更届
  1. ・加入者証(紛失等の場合は加入者証再交付申請書)
  2. ・氏名の変更に関する市区町村長の証明書または戸籍抄本

※PDFファイルをごらんになるためには、無償ソフトAdobe Acrobat Readerが必要です。