Osaka Architect Corporate Pension Fund

大阪府建築企業年金基金

メニュー

基金の資格取得と喪失(DB)

基金の資格取得と喪失について(基本DB、オプションDB)

  • 大阪府建築企業年金基金に加入できるのは、実施事業所にお勤めされる65歳未満の厚生年金保険の被保険者の方です。
    ※オプションDCにつきましては、専用のページをご確認ください。
  • 資格取得日は、入社された日の翌月1日になります。

加入者資格取得届(基本DB)記入例

加入者資格取得届(基本DB、オプションDB)記入例

  • 資格喪失日については、次のいずれかの日になります。
    1. ①退職した日の翌日
    2. ②65歳の誕生日の前日
    3. ③亡くなった日の翌日
    4. ④お勤めされている事業所が実施事業所でなくなった日の翌日

加入者資格喪失届(基本DB)記入例

加入者資格喪失届(基本DB、オプションDB)記入例

  • 加入者期間は「資格取得日の属する月」から「資格喪失日の属する月の前月」までを月単位で数えます。
  • 資格喪失後、再度基金に加入された場合、以前の加入者期間にかかる給付を受給している時や、脱退一時金相当額を他制度に移換しているときは、加入者期間は通算されません。
※加入者期間にかかる特例措置

大阪府建築企業年金基金は「大阪府建築厚生年金基金」の後継制度として設立されています。

したがいまして、「大阪府建築厚生年金基金」の加入員であった方が、そのまま大阪府建築企業年金基金へ加入された場合に限り、加入者期間は「大阪府建築厚生年金基金での資格取得日の属する月」から「大阪府建築企業年金基金での資格喪失日の属する月の前月」までの期間となります。

ただし、この特例措置は基本DBに対してのみの措置であって、オプションDB,DCについては、適用されませんのでご注意ください。